空手の残心は何?残心を取る理由との目的と効果と練習方法

空手で残心をとっていますか?
残心は何のためにあるのでしょうか?

空手の残心とは、突きや蹴りなどの攻撃を出した後に相手の反撃に備えて構えることです。

実は残心を取ると試合で勝ちやすくなります。

なぜなら残心を取ることで、突きや蹴りのスピードが早くなり、キレが生まれます。
それ以外にも、相手のカウンターにできるので反撃に備えることができます。

実際に、子どもたちに残心のとり方を教えてあげると試合でポンポンとポイントを取ることができるようになりました。

この記事では残心の意味や効果、練習方法をご紹介します。

記事を理解すれば、あなたも勝利に近づきます。

早速、見てみましょう!

空手の残心とは?

残心とは、攻撃した後に相手の反撃に備えるための構えのこと

つまり、相手の反撃がやってくるかもしれない考えて構えておくことです。

この残心は空手だけでなく剣道にも柔道などの武道には共通して存在します。

特に剣道では残心が重要視されています。面や胴が入ったとしても、その後の残心がなかったら一本になることはありません。

空手も同じで、残心として引手が取れていないとポイントに成りません。

このように残心は武道において重要な要素です。

 

残心をとった空手はとてもかっこいいです。

アンディ・フグフランシスコ・フィリオなどの極真会館の空手家が相手を倒した直後に行う下段払いは最高にカッコいい!

フランシスコ・フィリオの下段払いの残心は私の空手をするキッカケのひとつなんです。

残心はなぜ必要なのか?その効果は?

空手の残心が必要な理由とその効果についてご説明します。

相手のカウンターに対して備えることができる

空手は一撃必殺が前提です。

「技が相手に決まると、相手は立ち上がることができずに絶命状態になる」という前提で稽古をしています。

そうとはいえ、相手を一撃で倒すというのは至難の業であることは承知の上。

そうなったら、一撃で相手を仕留めることができなかった場合について考える必要が出てきます。
一撃で倒せなかった場合は当然ながら相手は反撃がやってきます。

特に攻撃後はスキが大きくなるので、相手からのカウンターを受けやすい状態になっています。

残心をしっかり取ることで攻撃後のスキをなくし、相手の反撃に備えることができます。

次の攻撃を出しやすくなる

残心を取ると、次の攻撃を出しやすくすることができます。

残心は攻撃の後に行う動作です。

残心を取ることで、構えを初期状態のニュートラル状態に戻すことができ次の攻撃を瞬時に出すことができるようになります。

試合ではポイントが取りやすくなる

空手の組手試合では残心を取ることで試合運びを有利にすることができます。

残心を取ると、出した技をしっかりと引いているように見えるので、審判がポイント判定をやりやすくなります。

組手試合に出場した選手ならわかると思いますが、自分では入った!と思った突きがポイントにならないことってたくさんあります。

自分ではポイントになると思っているけど、ポイントにならないのは、残心がないことがその大きな理由です。

しっかりと引き手をとって残心を残せば、技が大きく見えて審判も技を確認しやすくないり、ポイントになりやすくなるのです。

空手の組手試合の残心のとり方

空手の組手の試合では残心を取るとポイントに繋がりやすくなることがわかったと思います。

初心者でもできる残心のとり方をご紹介します。

練習して身につけると無意識に残心を取ることができるようになるので、しっかりと練習してください。

刻み突きの残心のとり方

刻み突きをついた後、突いた腕は自分の腰までしっかりと引いてください。

つかない方の腕は手刀にしてしっかりと相手を押してください。

踏み込んだ足と後ろ脚をスッと入れ替えて、体を反転すると残心を取ることができます。

荒賀龍太郎選手の刻み突きを見てみましょう。

なんとなく刻み突きを出しているように見えますが、突いた後、右手でしっかりと空いてを教えていることがわかります。

それだけでなく、刻み突き後には体をスッと入れ替えていますね。

このように残心を取ることで、相手はカウンターや反撃をすることが難しくなります。

関連記事:空手の刻み突きでポイントを取るための具体的な突き方と練習方法

逆突きの残心のとり方

永木伸児という空手の選手はご存知ですか?

永木伸児は基本に忠実でとてもきれいな空手をする選手です。

逆突きの残心のとり方がとても美しく参考になります。

まずはこちらの動画を見てください。

逆付きは突いた反動で拳を腰まで一気に引き、それと同時に、前手で相手を押して距離を保ちます。

こちらの動画では永木選手が、逆突き後に前手でしっかりと相手を押して距離をとっていることがわかると思います。

永木伸児選手は、教科書に書いたような理想的な組手を行う選手です。

特に逆突きを得意としているので、参考になる部分もかなりあります。

組手で迷ったら永木選手の組手を参考にするのが良いです。

蹴りの残心のとり方

伝統空手の蹴りは振り切らないことが特徴です。

蹴りは片足で立つことになるので、体が安定せずに不安定になります。

余談ですが、わざわざ戦いの最中に不安定な片足になることは宮本武蔵も否定しています。

蹴り技はバランスを崩しやすいだけでなく、相手に足を取られるリスクがあります。

振り切るような蹴りでは、間合いを切って捌くだけで簡単に相手を転がすことができます。

相手に足を取られないようするためと自分のバランスを保つためにも、引き足が重要です。

こちらの動画を見てください。

蹴った後に、しっかりと引き足を撮っていることがわかります。

上げた足をすばやく引くことで、次の動作に移りやすくなります。

まとめ

空手において残心の必要性と具体的なとり方について紹介しました。

まとめると、空手で残心は

  • 相手の反撃に備える
  • 次の攻撃をしやすくする
  • ポイントを取ってもらいやすくなる

という目的で行います。

残心を取る練習という空手の練習ではあまりしません。

それは残心が取ることが当たり前という前提だから。

残心を取る癖を身に付けてしまえば、意識することなく自然にできるようになります。

これを機会に残心をしっかり身につけましょう







シェアをお願いします

4 件のコメント

  • サムネイル許可はとるべきです。
    この御二方うちの道場生なのですが。
    なんならうちのホームページも見てみては?

    無断転載やめて頂きたいです。

  • このサムネイル?の写真が知人のものなのですが、このサイトで使われていることさえ知らなかったようです。
    許可は取られたのでしょうか??

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください