飯作雄太郎がイケメン空手家として話題!オリンピックでメダル期待

飯作雄太郎がイケメン空手家として話題!オリンピックでメダル期待




空手で超イケメンがいると話題になっています。

空手の実力はオリンピック選手級で見た目は芸能事務所に所属するレベル

その名は

飯作雄太郎(いいさく ゆうたろう)さん。

かなりのイケメンですね。

早速詳しく見ていきましょう。

飯作雄太郎のプロフィール

1994年に大阪府で誕生した飯作雄太郎さん。

2020年の東京オリンピックでは26歳です。

身長は191センチの超高身長です。体重は公表されていませんが、空手の階級から予想すると84キロ程度だと思います。

空手をやっていない時は、もう少し体重を落としているかもしれません。

 

保善高校から大阪商業大学に進学しています。

卒業後は芸能事務所トップコートに所属。

 

芸能事務所のトップコートには、佐々木希さん木村佳乃さん松坂桃李さんなどが所属している大手芸能事務所です。

飯作雄太郎さんがこの事務所に所属するきっかけになったのは、2013年のミスター/ユニバースのコンテストに大阪代表で出場したことです。

実際の映像はコチラ。

結果は見事2位でした。

飯作雄太郎の空手の成績

飯作雄太郎

2017年5月に行われた東アジア空手道大会の日本代表で出場しました。

男子84kg超級の組手部門に出場して見事優勝を果たしています。

東アジア空手道大会の試合結果はコチラ

飯作雄太郎さんの組手の動画はコチラ。

これは第7回の東アジア大会の様子です。

 

構えは左手を前に出したオーソドックス構えです。

動画を見る限りでは、得意技は刻み突きのように見えます。

飯作さんは191センチと長身なので、空手の組手は刻み突きを主体に組み立てられています。

ただでさえ間合いが広い刻み突きを長身の選手から出されると、驚異的です。ものすごく遠い間合いから攻撃をすることができます。

 

組手を見ていると、蹴りが多いことにも気が付きます。

後ろ足である右足で中段、前足である左足では上段蹴りを出しています。

 

飯作雄太郎さんは特徴である長身をフルに活かした戦い方です。流石に空手のトップレベルの持ち主といえます。

 

現在、飯作雄太郎さんは全日本空手道連盟強化選手(84kg超級)に選抜されています。

空手歴20年の僕ならわかりますが、これはかなりスゴいことです。

どれくらいスゴいかというと県大会や地区大会では敵なしで無敗状態。

 

 

飯作雄太郎のプライベートは?彼女はいるの?

空手も日本代表レベルながらもイケメンの飯作雄太郎さんには彼女はいるのでしょうか?

ネットを調べてみましたが、彼女らしき存在はありませんでした。

それもそうですよね。

芸能事務所に所属する方に、彼女の存在があれば問題です。

 

そうとはいえ、これだけカッコイイ飯作雄太郎さんには彼女もいるかもしれませんね。

真相は分かりません。

まとめ

飯作雄太郎さんはがイケメンなうえに、空手が日本代表レベルの実力を持っていることがわかったと思います。

空手が強くて、カッコイイなんて男として完全な敗北を感じる男性もたくさんいることがでしょう。

 

現在は、空手道連盟の強化選手にも選ばれているのでみっちりと空手の稽古をしているのでしょう。

2020年の東京オリンピックが開催される時には26歳です。

年齢的に見ても日本代表としてオリンピックに出場することも十分狙えます。

 

芸能事務所に所属しながら東京オリンピックで金メダルを取るなんてことが現実になれば、世界中から注目されるはず。

飯作雄太郎さんの活躍を期待します!頑張れ!







飯作雄太郎がイケメン空手家として話題!オリンピックでメダル期待

シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です