空手の四大流派って何?流派の特徴は?

空手の四大流派って何?流派の特徴は?

空手にはたくさんの流派があります。

大きく分けると寸止めを基本とする「伝統派空手」と当てることを基本とする「フルコンタクト空手」

この内、2020年東京オリンピックの競技に採用されたのは「伝統派空手」です。

ここで伝統派空手の流派とその特徴をまとめました。

伝統派空手の四大流派とは?

伝統派空手には四大流派と呼ばれる大きな流派があります。

伝統派空手を習っている人は、この4つの流派のどれかに属します。

松濤館流

松濤館流の特徴
  • 間合いが遠い
  • 対武器を想定している型がある
  • 攻撃・受けの動作が大きくダイナミックで力強い
  • 体全体を大きく使う
  • 全世界に広がり世界で一番多く人々に学ばれている
  • 腰の高さが四大流派で一番低い
松濤館流の代表的な型
  • 慈恩(ジオン)
  • 観空大・観空小
  • 五十四歩大・五十四歩小
  • 二十四歩
  • 燕飛(エンピ)
  • 雲手(ウンス)
  • 荘鎮(ソウチン)
  • 王冠(ワンカン)

日本空手協会は松濤館流の空手を行っています。

関連記事:日本空手協会と全日本空手道連盟の組手の微妙なルールの違いを解説

日本空手協会の中達也氏も語るように、松濤館流空手の特徴は動きがダイナミックで力強く直線的。

和道流

和道流の特徴
  • 柔術から発展したので、投技や足技が多い
  • 円を意識した丸みのある動き
  • 攻防一体となった技がある(突っ込み・流し突きなど)
  • 相手の力を利用する
和道流の代表的な型
  • ナイハンチ
  • セイシャン
  • クーシャンクー
  • チントー
  • 公相君
  • ワンシュウ

和道流は柔術を源流としているので、受け方がとても多様です。

動画にもあるように相手の攻撃に対して、「流す」「乗る」「いなす」などがある。

糸東流

糸東流の特徴
  • 空手以外にも棒術を取り入れる
  • 型と組み手を体系的に結び付けている
  • 精神教育に重点を置く
  • 実践的な肉体鍛錬に重きを置いている
  • 投技や逆技がある
糸東流の代表的な型
  • ナイファンチン
  • 抜塞(バッサイ)
  • 十三(セーサン)
  • シソーチン
  • 二十八歩(ニーパイポ)
  • アーナン
  • クルルンファ
  • 壱百零八(スーパリンペイ)

剛柔流

剛柔流の特徴
  • 守りを基本としている
  • 払いや受けに強みがある
  • 近い間合いを想定していて、短い技が多い
  • 受け技で構成される型
剛柔流の代表的な型
  • 撃砕(ゲキサイ)
  • 三戦(サンチン)
  • 転掌(テンショウ)
  • セイパイ
  • クルルンファー
  • サンセイルー

まとめ

いかがだったでしょうか?

空手を習い始めたばかりの頃は、空手の流派を気にすることもなかったと思います。

少しづつ型を覚えたり、試合を見に行ったりすると他の道場との違いが気になりますよね。

今回は空手の四大流派についてご紹介しました。

空手の四大流派
  • 松濤館流
  • 和道流
  • 糸東流
  • 剛柔流

それぞれの特徴を踏まえて、その流派の空手を練習してくださいね。

【保存版】石川県の空手道場をご紹介

2017.09.07

空手部がある石川県の高校をご紹介

2017.08.29






空手の四大流派って何?流派の特徴は?

シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください