空手に入門して習い始める大人が気にする不安を一挙に解決

空手を習い始める大人が気にする不安を一挙に解決

大人になってから空手を習い始める人もいます。

一方で、空手を習いたいと思っているけどまだ習っていない空手家予備軍もたくさんいます。

 

新しいことを始めるって勇気が必要です。

そこで、空手を習いたいけど習っていない大人に空手を始める前の不安を解消します。

大人が空手を習う前の不安
  • 痛そうだし、怪我しそうだし
  • 体が硬い
  • 続くか心配
  • 空手道場の選び方が分からない
  • 体力的につらそう
  • 空手道場の月謝
  • 練習についていけるか心配
  • どんなところが楽しいの?

痛そうだし、怪我しそうだし

空手は格闘技なので、相手と戦うことを前提としています。

それなので時には痛い思いもするだろうし、ケガの可能性もあります。

しかし、フルコンタクト空手と違って伝統空手は当てない寸止め空手です。

相手をノックアウトすることを目的としていないので、怪我の可能性は極めて低い。

私も20年以上空手を続けていますが、骨折などの大きなケガは一度もありません。
学生の頃は空手の練習で捻挫は何度かありましたが、大人になってからは捻挫もありません。

伝統空手では寸止めと言っても、組手の練習があります。

その時には拳サポーターと呼ばれる空手用のグローブを必ず着用します。

ケガの心配はほとんどありません。

体が硬い。自分のつま先も触れない

空手では柔軟性が大切です。

自分の頭よりも高い位置に上段回し蹴りをかっこよく決めるためには、ガバーッと開脚出来ることが必要です。

 

体が固いと思っていても大丈夫。

空手の練習の前には柔軟体操の時間がタップリと用意しています。

正しいやり方で柔軟体操を続けていれば、大人でも少しづつ体が柔らかくなってきます。

空手の上段回し蹴りが出来る開脚ストレッチ方法

2017.08.23


三日坊主になりたくない。空手が続くか心配

新しいこと始めても続くかどうか不安ですよね。

ダイエットとかジョギングとかジム通いを始めても続いている人はほとんどいないはず。

わかってはいるものの何故か続かない。

空手を始めても続かないかもしれない・・・。

 

よく考えてみてください。

ダイエットとかジョギングとかジムは一人でやりますよね。

でも、空手は道場の先生がいて先輩がいてたくさんの人と一生に練習します。

一人でやることは続けることが難しいのですが、みんなでやれば新しいことでも意外とあっさり続けることができたりします。

空手道場の選び方が分からない

空手道場は探すと意外と家の近くにあったりします。

空手道場をお探しの方はこちらの記事を参考にしてください。

空手の四大流派って何?流派の特徴は?

2017.11.08

【保存版】石川県の空手道場をご紹介

2017.09.07

体力的につらそう

今まで運動らしい運動もしたことない自分が、空手なんてとても出来っこないと考えていませんか?

空手は格闘技なのでつらいのでしょうか?

 

私は空手で一番つらいのは移動基本だと思っています。

移動基本とは、腰を低く落とした状態で前に動きながら基本技をする練習のことです。
追い突きや逆突き、揚げ受けや前蹴りなどがあります。

何がキツイかと言うと、腰を低く落とした状態で動くので太ももがヤバイことになります。

中腰で歩いているようなもの。

 

しかし、この練習は自分で腰の高さを調整できます。
きつくなったら、腰を上げるなど無理のない範囲で練習することができます。

 

その他に辛いことと言えば、冬の寒さですね。

裸足がデフォなので、真冬の道場では足先の感覚がなくなります。

こればっかりは何年続けても慣れることは無いと思っています。

空手道場の月謝はいくら?

習い事になると月謝は必要です。

空手道場の月謝は3,000円〜5,000円が相場です。

フルコンタクト系の空手になると、もう少し高いと思います。

石川県の空手道場経営は赤字続き。経営手腕を問われる指導者達

2017.08.08

練習についていけるか心配

空手初心者がいきなり空手道場に入門しても練習についていくことが出来るか不安ですよね。

空手道場には子供や大人、男や女など関係なくたくさんの生徒が一緒に練習しています。

自分にあったレベルの生徒がかならずいるので一緒に練習することができます。

大きな道場では指導は空手道場の先生だけなく黒帯の生徒が代わりに行うこともあります。

初心者のうちは、マンツーマンでしっかり指導してくれる場合もあります。


空手ってどんなところが楽しいの?

空手で楽しいところは人それぞれですが、私が感じる空手の楽しさをご紹介します。

空手の楽しさは一言で言えば、今までできなかったことが出来るようなることにあります。

先週までは回し蹴りができなかったけど、今日はできるようになった。

回し蹴りが出来るようになったら、次は後ろ回し蹴りをやってみたい。

新しい形が出来るようになった。

など、空手では自分の成長をはっきりと感じることができます。

 

日常生活では出来ることが増えることはあまりありません。

人間はいくつになっても新しいことが出来ることは楽しいです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

空手を始めたいと思っていてもいろんな不安を感じますよね。

そんな空手を始める前の不安を一挙に解決しました。

大人が空手を習う前の不安
  • 痛そうだし、怪我しそうだし
    伝統空手は寸止めが基本。防具もあるのでケガはほとんどない
  • 体が硬い
    柔軟体操をする時間があるので、少しづつ柔らかくなる
  • 続くか心配
    みんなで一緒に練習するので、楽しく続けられる
  • 空手道場の選び方が分からない
    こちらの記事から家の近くの道場を検索
  • 体力的につらそう
    辛い練習は自分っで調整できます
  • 空手道場の月謝
    3,000円から〜5,000円です。
  • 練習についていけるか心配
    幅広い世代の生徒がいるので安心。マンツーマン指導もあります
  • どんなところが楽しいの?
    できないことができるようになると成長を実感できて楽しいよ

空手を始める前の不安を解消して、ぜひ空手を始めてみませんか?







空手を習い始める大人が気にする不安を一挙に解決

シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください