小学生が空手を習うと頭が良くなる?空手と学力の意外な関係とは

小学生の子供にさせたい習い事として「空手」が人気になっています。

もともと武道系では柔道や剣道が人気でしたが、2020年東京オリンピックに空手が採用されてから、空手の人気化しています。

こんなこと聞いたことありませんか?

空手を習うと頭が良くなる!

これはウソのようなホントの話。

実際、東京大学の空手部はものすごく強いんです!

空手と学力の意外な関係をご紹介します。

空手を習うと学力が高くなる理由

相手をイメージ練習するので、脳が鍛えられる

空手の練習は仮想の相手をイメージして取り組むことがよくあります。

目の前に相手をイメージして、こういう攻撃をしてきたらどうやって受けるのか?

このように考えながら練習します。

実際にやってみるとわかりますが、見えない相手をイメージすることは意外に難しいです。

例えるなら、クイズ番組で答えが出そうで悩んでいる状態に近いです。

空手の練習中は常に頭をフル回転させています。

これによって、頭の使い方を自然と学ぶことができるので、脳が鍛えられます。

空手の練習はPDCAの繰り返し

空手の練習は、基本練習と応用練習に分けることが出来ます、

基本練習が出来ていないと、応用はできませんが、応用練習ばかりやっていてもレベルはあがりません。

そんな時は初心に戻って基本練習をすると、レベルアップすることもあります。

  1. 基本練習をして、それを応用する。
  2. 応用してみて、うまくいかない部分を振り返り、基本に戻る。
  3. もう一度応用する。

このような繰り返しの中で、子供たちは自然にPDCAサイクルを学ぶことが出来ます。

集中力を高めることが出来る

この女の子を知っていますか?

高野万夢ちゃんといって、スーパー空手キッズとして一躍有名になりました。

驚くべき集中力だと思いませんか?

空手に大切なことは集中力です。

特に型は、次々に襲ってくる相手をイメージして技が構成されているので、相手をイメージする練習を通して、自然と集中力を身につけることが出来ます。

勉強も集中力が大切です。

ダラダラ勉強するくらいなら、しっかり集中して勉強したほうが効果が高いことは明白です。

空手を習うことで、小学生のうちから集中力を鍛えることが出来ます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

空手と学力の意外な関係についてご紹介しました。

子供の習い事で悩んでいる方は、頭も体も一緒に鍛えることが出来る「空手」を検討してみてはいかがでしょうか?







シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください