【金銭問題と派閥争い】石川県には空手家がいない?本当にあったドロドロ事件の噂

石川県の空手道場には日本空手協会(協会)全日本空手道連盟(連盟)の大きな2つの団体があります。

石川県で昔から空手を習っている人はご存知かもしれませんが、この2つの団体はとても仲が悪い。

石川県内で全日本空手道連盟と日本空手協会の揉める原因とは

2017.08.09

過去に多くの問題や事件が合ったようなので、今回はその噂をご紹介。

石川県の空手の世界であった事件の噂

石川県の空手の世界に長い期間身をおいていれば、嫌でも耳に入ってくる数々のウワサ。

ここではそのほんの一部をご紹介。

あくまでもウワサ。


道場の昇級試験の受験料は先生のポケットマネー?

昇級試験には受験料が発生します。

この中には、審査をするための審査料と本部への上納金が含まれています。

一人あたりの受験料は3,500円〜6,000円

20人が受験すれば、10万円近くのお金が集まることになります。

 

審査に合格した生徒は名簿を更新する必要がるので、必ず本部へ報告する必要がある。

しかし、審査に合格しなかった生徒は名簿は更新する必要はありません。

 

受験したのに合格しなかった受験者を、もともといなかったということにすれば、受験料は全て先生のポケットマネー化します。

特に協会の昇級審査はブラックボックスです。

受験者が何人いるのかその実態はわかりません。

石川県の日本空手協会の昇級試験がブラックボックスしているらしい

2017.08.05

引っ越したら新しい道場に通えない?

家庭の都合で家を引っ越すこともあります。

新しい土地に移っても空手を続けたいと思った場合、その土地から通える道場を探すことは普通の行動。

 

しかし、石川県では新しい土地で空手を始められない場合があります。

例えば、引っ越す前は連盟系の道場で空手をしていたが、近くには協会系の道場しかありません。

通いやすいので家から近いからといって、自由に所属を変えることが出来ないのです。

 

所属を変えると一体どんなことが起こるのでしょうか?

所属を変えると起きること

  • 大会への出場停止
  • 運営団体への協力の拒否
  • 移籍料と呼ばれるナゾの金銭要求
  • 個人への誹謗中傷

実際にこのようなことが発生するようです。

本部のお金は幹部のもの?

協会も連盟もたくさんの生徒を抱えていて、強化練習や大会などのイベントもたくさん開催されます。

イベントを開催するためには、お金が必要です。

そのお金は協賛金だったり、会員からの会費から捻出されます。

 

しかし、このお金は団体を運営する幹部が私利私欲のために使っているというウワサが跡を絶ちません。

協会や連盟の幹部が団体のお金を使っているというウワサがあります。

 

団体の規模から想像すると金額は年間30万円程度ではないでしょうか?

幹部の生活費や旅行などに使われている事があるようです。

 

石川県の空手の世界は年長者が絶対的な権力を振るっているので、明らかな不正を行っていても相手が年長者なら言い出しにくい。

会計がその尻拭いをしているというウワサが絶えません。

全国大会に出るために、県外の有名校の選手を集めている?

石川県の空手の大会は北信越大会や全国大会の予選を兼ねている場合があります。

県大会でベスト4になれば、その上の大会に出場することが出来ます。

 

石川県の空手の競技レベルは残念ながら高いとは言えません。

石川県の空手の一般部門のレベルが低いのは練習場所がないからです

2017.08.06

県外から選手を呼んで出場させれば、あっさりと優勝することも出来ます。

 

これを利用して、試合の度に県外から選手を集めて優勝させている道場もあるようです。

 

それでは一体何のためにこのような事をやっているのか?

ひとつは道場の知名度を上げることが目的です。

その道場が毎回優勝していると、「あそこの道場は強い選手がたくさんいる」という勘違いが発生します。

そうやって名前が有名になっていくと、たくさんの生徒を集めることが出来るので、道場の先生の元へ集まるお金が増えます。

なかなかうまい広報の方法とも思えますが、このスキームを知っている他の道場からは白い目で見られる事になります。

一歩間違えば関係のない選手たちにも悪影響を及ぼしかねません。

道場乱立?先生と生徒が仲違い!?

「一人前になったので、のれん分け」といえばラーメン業界ではよくある話。

しかし、石川県の空手の世界はそんな単純な話ではありません。

 

石川県で空手道場が新設されるのは、ケンカが原因ということがよくあります。

「先生vs生徒」

この両者が対立して、独立することがよくあります。

 

のれん分けのような形であれば、師匠の出張指導や師匠の元への出稽古など普通です。

しかし、空手の世界ではそんなことは無いのです。

なぜならケンカしたから。

道場が乱立しだしたら、派閥争いや道場内でのケンカが発生していると思ってもいいかもしれません


石川県には本物の空手家がいない

空手家といえば、どんなイメージをもちますか?

空手家のイメージ
  • 強い
  • カッコイイ
  • 優しい

きっとこんな感じですよね。

そう!空手家とは正義のヒーロー!

しかし、残念なことに石川県の空手の世界では金銭トラブルや派閥争いなどのドロドロしたウワサが絶えません。

こんな空手家は空手家とは言えますか?

言えませんよね。

 

空手を習い始めた頃は、ブルース・リーやジャッキー・チェンに憧れていたはずです。

空手で強くなってカッコイイ自分を想像したはずです。

 

憧れた空手家像には近づいていますか?

あの頃の自分を裏切ってはいないだろうか?

 

石川県には空手をしている人はいるけど、本物の空手家と呼ばれる人は少ないのが現状です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

石川県内で起きたとウワサされている空手界の出来事を紹介しました。

空手家といえば、強くてカッコイイ正義のヒーローのはず

しかし、正義のヒーローも同じ世界にどっぷりとハマってしまえば、金銭トラブルや派閥争いをしてしまうのでしょうか。

私は、もっとクリーンで透明な空手の世界をつくることができれば空手自体の知名度が向上すると思います。

この出来事はあくまでもウワサなので、もっと知りたい方は色んな人に聞いてみるといいかもしれません。







シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください