【タブー中のタブー】石川県の空手の指導者は本当に強いのか?




空手や格闘技の練習を数年練習していると、ある疑問が出てきます。

先生って本当に強いの??

特に大学生や20代〜30代の大人が感じるようになってきます。

道場では空手を教えてくれるけれど、実際に組手をしたらどうなるのか?

もしかして、自分の方が勝ってしまうんじゃないのか?

こんな疑問ありますよね?

今回はその疑問について解説します。

空手道場の先生って本当に強いのか?

空手道場の先生の実力は昔からブラックボックスとなっています。

一体どれくらい強いのか?
もしかして本当は強くないんじゃないのか?

まさに渋川剛気が初めて実践をする時のこのセリフはかなり的を得ています。

空手の先生の実力を明らかにすることはかなりのタブーでした。

実際はどうなのでしょうか?

空手の指導者の先生はとても強いので、決して勝負を挑まないでください

石川県の空手の先生はとてつもなく強いです。

元々大学や社会人で空手の選手として活躍していた人が指導を行っています。

全国大会に出場経験のある先生や、県大会で優勝した先生などがいます。

 

もし、間違ってそんな先生に勝負を挑めばどうなるでしょうか?

勝負は数秒の間に決まってしまいます。

決して勝負を挑まないでください。

一部の先生は実力に難あり

石川県の空手の先生はとても強いと書きました。

しかし実は一部の例外があります。

石川県の空手の先生は全員が強いとは言えないのです。

空手の指導を行っている先生の中では、空手の選手として経験の無い人もいます。

空手の先生のタイプは大きく分けて3つあります。

  • 元選手
  • 空手歴20年以上
  • 雇われ先生

この中で、「雇われ先生」の実力は低いです。

石川県の空手道場の先生に見る3つの指導者の特徴

2017.08.08

雇われ先生とは、空手の実力は低いにも関わらず協会や連盟の本部の意向で指導者となった場合や、元々所属していた道場と人間関係が悪くなって仕方なく独立の道を選んだ人です。

そういった先生たちは空手の実力とは関係なく、指導者という立場になっているので実力が伴っていないことが多いです。

空手の実力が無いことを自分で理解しているので、空手の資格取得や派閥争いを頑張っている方が多いようです。

強い先生と弱い先生の見極め方

実際に自分が通っている道場の先生の実力を知るためにはどうすればいいのでしょうか?

先生の実力を知る方法をご紹介します。

実際に挑む

最も簡単な方法が先生と勝負をすることです。

組手の場合は、先生と組手形式で練習をしましょう。

 

しかし、実際には気軽に先生と勝負をすることができません。

先生が組手をやってくれない場合は、打ち込みや対面練習の時に積極的に先生に相手をしてもらうようにしましょう。

 

打ち込み練習のときでも、強い先生の目の動きや足運び、間合いのとり方などを見れば、その力量が分かるはず。

強い先生であれば、気が付いた頃には突きが顔面に当たっています。

元選手だったという先生の突きや蹴りは来るとはわかっていても、避けることができずに不思議と当たってしまうのです。

 

一方で形の場合はどうでしょうか。

先生に型を見せてもらえればいいのですが、先生が本気で型をやる様子は滅多に見れません。

それは、型は体力の消耗が激しく最後まで演舞し切ることが大変だからです。

「型の選手→先生」よりも「組手の選手→先生」の方が多いので、型の実力はそこそこな先生が多いです。

動きを見る

空手道場の先生が積極的に練習に参加してくれる場合は、先生の一つ一つの動きをチェックしましょう。

腰がしっかりと回っているか?

突きや蹴りがキマっているか?

など、移動基本でいつも注意されているような所をチェックしましょう。

中達也は日本でも5本の指に入る実力者だと思っています。

腰の動きや技のキメの参考にしてください。

体型を見る

空手の先生の体型も大切です。

強い先生は、空手だったり筋トレだったりランニングなど様々な方法で日常的に自己研鑽します。

中年になったからという低い理由で太ることはありません。

指導者がドラム缶やダルマのようなメタボ体型で強い先生は絶対にいません。

話し方や声の声量をチェック

元選手やベテランの先生の話し方はハキハキとしてわかりやすいです。

気合も大きいので、自然と声の大きさも大きくなります。

ボソボソと自信が無いように話す指導者の中で、実力のある先生はいません。

石川県では日本空手協会系と全日本空手道連盟系はどっちが強い先生のが多いのか?

石川県で空手経験者にとって最大のタブーはこのテーマだと思います。

協会系と連盟系はどっちが強いのか?

これは後日1つの記事としてまとめます。

お楽しみに。

まとめ

いかがだったでしょうか?

タブー中のタブーと言われる空手の先生の実力について理解できたでしょうか?

基本的には、空手の先生はとても強いです。

先生自身が元々選手として活躍していて、今でも自己研鑽を積んでいるからです。

 

もちろん先生の中には、実力が伴わない先生もいます。

いい先生に巡り合うことが空手の実力アップの近い道です。







シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です